もう毛抜きでの自己処理も怖くない!私の脇の黒ずみの問題解決してくれた救世主はピューレバールでした

なかなか脱毛サロンに行く時間がないので、ここ数年間は1か月に1回だけ毛抜きを使って脇のムダ毛を1本ずつ自己処理しています。

私の場合は人より毛量が多くてクセも強いので、全部抜き取るのに深夜まで時間が平気で掛かるレベルで、急いでる時は強く力を入れ過ぎて毛穴に赤い炎症を自分で作ってしまうトラブルも日常茶飯事でした。

それに30代を過ぎると、急激な肌の衰えなのか?自己処理後にカサカサと乾燥するようになったばかりか、気が付けば数日後に剃った跡に黒ずみができて、人前で半袖がなかなか着れない日も多くなっていたのです。

それから脇の黒ずみ消しに美白作用のあるレモンの輪切りを載せてみたり、ピーリング石鹸で洗ってみたりしましたが、どれも肌に刺激が強くて長続きしませんでした。

そこで皮膚科に看護師として勤めている友人に何か良い方法がないか相談したら、(ピューレバール)という黒ずみケア専用の保湿ジェルを買ってみるよう勧められたのです。

ピューレバールを急いで手に入れて実際に利用してみると、今までカチカチだった脇の角質がスーッと柔らかくなり、1か月後の肌のターンオーバーでだいぶ黒ずみの色素が抜けていくのを自分でもハッキリと確認できました。

専用化粧品でたっぷり肌を保湿するだけで、こんなにも脇の黒ずみが改善するとは夢にも思わなかったので、今は看護師の友人には感謝で頭が上がりません。

今も毛抜きで脇の自己処理は続けてますが、脱毛後は必ずピューレバールを塗って保湿ケアを欠かしてないので、脇 黒いということはなくサラサラ肌が長く維持できて快適な日々が過ごせてます。